最新情報まとめ

2月14日パッチノート

    2月14日パッチ概要

  • ・DISCORD連携が対応
  • ・デッキ構築画面が改善
  • ・”Resolve All”ボタンの追加
  • ・大量のクリーチャーでのアタック/ブロックについての挙動が変更
  • ・タイマーが改善
  • ・日本語化対応
  • 引用元URL:https://forums.mtgarena.com/forums/threads/46580

運命のきずなの禁止について

運命のきずなが、MTGアリーナのアリーナスタンダードBO1)フォーマット(構築イベント、ランクマッチ、プレイ)において禁止になりました。

・トラディショナルフォーマット(BO3)では禁止ではありません。
・現在運命のきずなを使って構築のイベントに出てる人は問題なく使うことができます。
・既知のバグ:運命のきずなを含んだデッキをトラディショナルフォーマットのイベントで使う際、”Invalid Deck”(不正なデッキ)と表示される問題があります。表示はされますが、選択は可能な外見だけの問題なので使用することは可能です。
運命のきずなを持っていたプレイヤーには運命のきずな1枚につき、1枚の神話レアのワイルドカードが与えられます。(特に何もせずともワイルドカードが増えています。)
運命のきずなをワイルドカードから実体化させることはできますが、その場合、補償のワイルドカードは送られません。

DISCORD連携について

・ゲームの観戦や参加を受け付けるDISCORDのRich Presenceに対応しました。
・DISCORDを使ってMTGアリーナを他の人を招待することができます。
・※その他使い方等は別途記事を作成予定です。

ダイレクトチャレンジついて

・ダイレクトチャレンジにオプションが追加され今までBO1のみだったのがBO3も選択可能になりました。
・先手後手の選択にコインフリップが選べるようになりました。BO1の場合はコインフリップで勝ったほうが先行、BO3は勝ったほうが選択可能です。
・ダイレクトマッチに参加する両方のプレイヤーが同じ設定にする必要があります。

スペシャルイベント:ヴァレンタインシングルトンウィーケンド

参加費:無料
終了条件:5勝か2敗するまで
イベント終了日時:日本時間19日の午前1時まで
イベントの賞品:
 ・0Win:なし
 ・1Win:ウルザズサーガ版の脅迫
 ・2Win:ウルザズサーガ版の脅迫
 ・3Win:ウルザズサーガ版の脅迫
 ・4Win:ウルザズサーガ版の脅迫
 ・5Win:ウルザズサーガ版の脅迫とプロモーション版原初の飢え、ガルタ

デッキ構築画面

・デッキがフォーマット毎(StandardとかPauperとか)に作成可能になりました。左上のAll Decks(全てのデッキ)の右から選べます。
・例えばPauperの構築画面では、コモン以外選ぶ事が出来ないようになっています。
・作成したデッキのフォーマットを変更したい場合は、デッキをダブルクリックしてデッキ構築画面に行きデッキケースを選択し詳細画面から変更することができます。
・デッキ構築画面の右上に虫メガネアイコンが新たに出来ました。それをクリックするとカード画像が小さくなる代わりにカードの表示数が増加します。
・デッキ構築画面の右上にクラフト(作成)ボタンが新たに出来ました。それをクリックするとまだ持っていないカードもカード選択画面に表示されるようになります。
・クラフトオールボタンが新たに出来ました。作成したデッキに持っていないカードが複数含まれている場合、クラフトオールボタンを押すことでワイルドカードを自動で使用します。

ゲームプレイ画面

・”eyeball”インジケータ(目玉マーク)が実装されました。これは相手に視認されたカードの左上に表示され、公開領域に行き相手に何のカードかわかっていることを示します。
・オートタップ機能が賢くなりました!マナを消費する時のロジックが賢くなりました。
・フルコントロール時のマナの支払いが手動でクリックしていたのが自動で消費されるようになりました。
・通常のコスト以外でのコストでの支払い(キッカーや絢爛)の際に追加の説明が表示されるようになりました。
・複数ブロックした際の攻撃順番のアニメーションが正常になりました。(今まで最後からダメージが入っているように見えた)
・複数の誘発がスタック上に発生した際、全ての誘発を一気に解決する”Resolve All”ボタンを実装しました。
・Xの支払いの表示が5ずつ増減させることができるようにアップデートされました。
・両面カードのコピーがコピーされた側だけ表示されるようになりました。
・対象の選択の際ミスクリックを減らすように追加の警告を実装しました。(自分のカードの効果で自分のクリーチャーを対象に取った時に警告メッセージを表示する)
・同じトークン複数体での攻撃をまとめて行えるようになりました。《X4》などのインジケータをクリックすることでまとめて攻撃やブロックが可能になりました。
・ブラウザの中で浮いているカードが何なのかの発見が向上しました。(上手く訳せなかったです。わけわかめ)

タイマーについて

・ノンアクティブプレイヤーのタイマーがフェイズの間リセットされなくなりました。対戦相手の時間を奪うことを軽減するためです。
・何かを対応する際にタイマーがスタートする前にディレイを導入しました。(すぐにタイマーが動かないってことかと)
・コンバットフェイズに両方のプレイヤーに追加の時間が与えられるようになりました。(攻撃クリーチャー指定前やブロッククリーチャー指定前)
・これらの影響でわずかに一般的なタイマーの時間が減りました。
・Inactivity timer(何もプレイしない時間を計測するタイマー)の値が120秒に減りました。このタイマーが切れるとゲームを放棄したとみなして負けとなります。

シャッフルについて

・《プレイ》のゲームモードのみスムースシャッフリングが実装されています。
・スムースシャッフリングとはマナフラッドやマナスクリューといった問題を軽減するために試験的に導入しているシャッフルのアルゴリズムのことです。(基本的にはランダムに生成されたライブラリーを使うけど、その上で事故しにくい形の操作をしているみたいです。詳細は不明。)
・トラディショナルマッチ(BO3)やランクマッチ、その他のフォーマットでは実装されていません。

ゲーム開始時のハンドについて

・BO1のゲームにおいて、内部で2つのハンドの中からよりデッキの土地配分に近いほうを選ぶ形だったのが、3つのハンドの中から選ぶように修正されました。
・今まではマリガン後のハンドについて、これらは適用されていませんでしたが、マリガン後も適用されるようになりました。

ストア関連

・当初運命のきずながバンドルされていた基本セット2019は、運命のきずなの代わりに全知が付属されるようになります。

その他

・イベントカレンダーへのリンクがわかりやすくなりました。
・アカウント作成のページにDISCORDについての設定が追加されました。

バグFix関連

・たくさんあるので割愛。気になる方は引用元をご確認ください。

2月8日

日本語版の実装が2月14日(日本時間15日)に決定!同時に韓国語も実装予定だそう。

正直年内に実装するか怪しんでたのでかなりびっくり。

2月1日

いよいよ2回目のランク戦の開始!さらなる情報が来るとの噂も。2本先取のTraditionalも構築リミテ共に追加予定。リミテッドは2日から

競技メタゲームチャレンジという謎フォーマットも始まる予定。さらなる情報に注目したい。

あわせて読みたい